メニュー

ナポリピッツァ

宮のたけのこ ぺペロンチーノ

1,400円(税込)

 2018年に猪之頭に移住し、富士宮の豊かな自然と食、そして人の温かさのお陰で、朝霧高原 あおぞらピッツァは4周年を迎えることが出来ました。
深く感謝申し上げます。

 さて、この度、富士宮の放棄竹林を整備し、同時にたけのこを加工・販売して食と環境保全を 目指す「竹遊」プロジェクトとのコラボで『宮のたけのこペペロンチーノ』を新発売いたします。

 商品化のきっかけは、2021年初夏に常連様から「竹遊」プロジェクトの代表の髙橋さんとのご縁をいただき、活動内容のお話を伺うことが出来たことから。
「幼少期の頃から祖父母の家に親戚が集まり、竹林整備やたけのこ掘りをして環境が守られていた竹林が、時の経過で管理できる人も少なくなり、荒れ果てた竹林になってしまって。叔母も足腰を痛めてしまい、叔母の代わりに竹林整備をすることにしました。」と代表の髙橋さん。

 私達が移住したのも、美しい里山に憧れたからなので、次世代に美しい竹林を残そうと活動されている竹遊プロジェクトの理念に共感し、その一端を担えたらと、商品化を進めて参りました。

 しかし、生たけのこの旬は4〜5月頃と短く、年間を通じてどの様に供給するかが課題でした。 「竹遊」が試行錯誤の上、たけのこを塩漬けにすることで、1年間の長期保存が可能になり、 商品化が一気に進みました。

 さらに、たけのこと言えば和風の味付けが一般的ですが、あまり普段しない味付けを考え、 オリーブオイル漬けのペペロンチーノ味のシャキシャキな食感のたけのこは、塩漬けにより 乳酸発酵されたことでチーズとの相性もバッチリです!

 富士宮で竹を通じて地域環境を守る「竹遊」の想いが詰まった『宮のたけのこペペロンチーノ』をぜひご賞味くださいませ。

 「竹遊」はこれからの竹林利用を模索しているとのことです。プラスチックの代替品になるであろう竹材の活用、竹林イベント、子供達と竹と遊ぶ教室など。高齢化により竹林整備に悩んでいる方いらっしゃいましたら「竹遊」にInstagramでお問い合わせください。@takeasobi_fujinomiya