メニュー

ナポリピッツァ

宮ルゲリータ(みゃるげりーた)富士宮産モッツァレラチーズ使用

1,400円(税込)

北海道から富士宮市下条に移住してチーズ工房を開業した七富チーズを使ったマルゲリータです。

2/4(木)の静岡第一テレビまるごとの宮川クラブでも紹介されました。

2/5(金)から販売しますが、七富チーズの生産の関係で数量限定での提供、無くなり次第の終了になりますのでよろしくお願いします。

釜揚げしらすと九条ネギ(田子の浦のしらすと九条ネギの和風ピッツァ)

1,400円(税込)

2019年9月から新メニュー「釜揚げしらすと九条ネギ」はじめました! 富士市田子の浦の釜揚げしらすと富士宮市青木の新規就農の農家さんの九条ネギを使ったピッツァです。 地産地消のメニューとなりますよ!   どうぞお試しください!  

 

ビアンカチッチョリ(人気No.1!甘みあるジューシーな肉汁が広がる)

1,500円(税込)

静岡県富士宮市で100年以上続くさの萬の萬幻豚を使ったピッツァ。萬幻豚バラ肉を1週間以上ニンニク・コショウで塩漬けし、60-70度のお湯で2時間程度火を通したもの。ニンニク・塩味と萬幻豚の脂がとってもジューシーです。薄切り赤たまねぎがさっぱりして豚バラ肉に合います。

(モッツァレラチーズ、豚バラ肉の塩漬け、黒コショウ、赤たまねぎ、エクストラバージンオリーブオイル)

【参考】

ゆっくりじっくり育てられる萬幻豚。エサ代は一般的な養豚の約2倍かかり、さらに50日も長くじっくり育てられている。

Webサイトはこちら 萬幻豚とは?

 

赤みニジマスの燻製ピッツァ(冷燻でしっかり塩味と香りがついたニジマス)

1,500円(税込)

私が移住した静岡県富士宮市の猪之頭地区は富士山の伏流水が豊富で、大型ニジマスやワカサギなどの養殖が盛んです。

そこではブランドニジマスでもある赤みかかったニジマスも育てていて、あおぞらピッツァではその燻製を使ったピッツァを提供します。スモークサーモンの燻製をイメージいただくとよいかと思います。赤みニジマスの塩味と燻製の香り、ピンクペッパーと赤玉ねぎがモッツァレラチーズとよく合います。

 

富士山なめこ3種のキノコ(香り豊かな大きな富士山なめこ)

1,400円(税込)

<2020年4月更新>

2019年になめこ農家さんが生産をやめていましたが、その後引き継ぎたいという農家さんが現れまして、

2019年末から研修の後、2020年3月に生産が復活しました。

すでに朝霧高原の道の駅でお土産用としても販売されています。

終売後も時々なめこのピッツァが食べたかったーという声も聞く人気メニューが復活です。

<2019年6月更新>

※人気の商品でしたが、なめこ生産農家さんが生産をやめてしまいまして、残念ながらメニューからも終了させていただきました。

静岡県内でも代替品がなく、希少なきのこだったので残念です。

富士宮市北山で40年以上続くなめこの生産者の赤池さん(女性)の作る富士山なめこを使ったピッツァです。肉厚のエリンギとぶなしめじを一度塩コショウでソテーしてモッツァレラチーズの上に並べています。きのこの風味が食欲をそそります。

(富士山なめこ、ぶなしめじ、エリンギ、モッツァレラチーズ、グラナパダーノ、黒コショウ、エクストラバージンオリーブオイル)

 

マルゲリータ(ナポリピッツァといえば)

1,200円(税込)

定番のナポリピッツァ。1898年、イタリアの国旗の緑・白・赤を表現して作られたのがマルゲリータピッツァです。夏季は自宅隣の畑で育てたナポリバジルを使用します。

(モッツァレラチーズ、フレッシュバジル、トマトソース、エクストラバージンオリーブオイル)

 

クアトロ・フォルマッジ(女性・お子様・チーズ好きに大人気)

1,500円(税込)

チーズがお好きな方に大人気のピッツァ。イタリア語でクアトロ=4、フォルマッジ=チーズの意味。お好みで別売り(100円)のハチミツをかけるとチーズの味が一段と広がります。

(モッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラ、グラナパダーノ、クリームチーズ、フレッシュバジル、エクストラバージンオリーブオイル)

 

マリナーラ(チーズなしだけどおいしい元祖ナポリピッツァ)

900円(税込)

マルゲリータと並ぶナポリピッツァの2大定番ピッツァです。シンプルだけど奥が深いピッツァです。

乳製品が食べられないお子様、ヴィーガン(Vegan)向けのメニューです。

(トマトソース、ニンニク、バジル、オレガノ、エクストラバージンオリーブオイル)

 

Aozora Pizzaのピッツァについて

Aozora Pizzaのピッツァについて

Aozora Pizzaはよい素材、人工的な添加物は使わない、シンプルでからだに優しいピッツァです。

●生地

生地は【水】【小麦粉】【酵母】【塩】のみで仕込んでいます。余計なものや原価を下げるための手段としての安い食材は使っていません。

【長時間低温発酵】一般的なパンは2,3時間で発酵〜焼き上げしますが、Aozora Pizzaの場合は、酵母の量を非常に少なくして、急激な発酵を避け、36時間〜48時間じっくり、ゆっくり酵母の力で生地を膨らませています。そうすることで、酵母が小麦粉に含まれている糖分をゆっくり消化し、深い味わいと香り、甘みとなります。生地は常に発酵、生きているので、お客様に提供するものは一期一会、同じものはありません。長時間低温発酵をお楽しみください。

 【小麦粉】

 2018年4月の開業当初から愛用していましたイタリア産ナポリピッツァ専用小麦粉が突如2020年末に工場閉鎖ということで、残念ながら終売になってしまいました。

開業前に10種類以上のピッツァ用小麦粉を試した中でも味わいと香りが一番よかったのを選んで、ずっと使用していたのですが、終売という話を聞いてから、2021年3月末までの在庫は確保しつつ、その間に次に代わる小麦粉選定・試作に入りました。

 全世界でのシェア8割、No.1ブランドのピッツァ用小麦粉をはじめ、配合も含め10種類以上の国内外の小麦粉を試した結果、北海道産のナポリピッツァ専用粉を今後使うことに決めました。同時に焼いて食べ比べてみると、小麦粉によっても結構味わいや香りが変わるものです。

 以前は国産粉よりもイタリアの粉がピッツァ作りには向いていると感じていましたが、3年ほど前にピッツァ用に改良されたという今回の小麦粉を初めて試作で使ってみたのですが、美味しく仕上がりびっくりしました。

 もともと去年のコロナ自粛後、食材も手に入りにくいものも出ていて、小麦粉についても地産地消で確保できればなと思っていました。できれば、今住んでいる静岡県産の強力粉があったらよかったのですが、薄力粉しかなく一旦諦めていました。そこに製粉工場の閉鎖で終売。必要に迫られての国産小麦粉への変更になりました。

 結果的には満足いく生地になりました。生地変更の方針としては味が変わるとどちらに転ぶかわからない部分もありますので、これまでとほとんど変わらない、食べてもわからない生地作りになるように小麦粉選定を心がけました。その結果、試作段階で何人かのお客様に食べてもらいましたが、違いがわからない、など、これまでのあおぞらピッツァの味をキープしての変更ができました。

 2021年4月2日の生地よりリニューアルしています。

 これからもよろしくお願いいたします。

IMG_1160.jpg

  【塩】

 塩は自然塩を使っています。自然塩なのでミネラルなどを含み、精製塩のようなしょっぱい塩ではなく、甘みがあるマイルドな塩になります。生地はパスタもそうですが、塩を入れることにより味にメリハリ、美味しさが増します。

 【酵母】

 酵母は秋田県の白神山地の天然酵母”白神こだま酵母”を使っています。他の酵母よりもトレハロースを多く含んでいるとのことで、生地がほんのり甘く、しっとりと焼き上がります。Aozora Pizzaは持ち帰りピッツァなので、ご自宅で温め直しても生地がふっくらしたまま食べることができます。

【水】

 富士山を目の前にした朝霧高原地域の伏流水を更に浄水して不純物を取り除いて使っています。

Aozora Pizzaのこだわりのピッツァ生地。標高700mの朝霧高原で自家製です。味わってお召し上がりください。

【トッピング食材】

 基本ピッツァメニューにはイタリアから輸入した食材を使っています。ナポリピッツァオリジナルに近い味がお楽しみいただけます。

 食材例)モッツァレラチーズ、グラナパダーノ、トマトソース、自然塩、オリーブオイル

 限定ピッツァメニューには富士宮や朝霧高原の特産品やAozora Pizzaの無農薬の自家菜園で採れた野菜を使います。

 食材例)富士宮さの萬「萬幻豚の豚バラ」、自家菜園のナポリバジル、フレッシュトマトほか(夏季限定)

【薪】

 薪窯の薪は富士宮周辺で採れたナラなどの広葉樹の薪。地元の薪で伐採してから1年以上経過し、乾燥した薪を使っています。薪を使うとピッツァのふっくらとした香ばしい、香りも楽しめるピッツァが出来上がります。

【窯】

 ピッツァ専用でトレーラーでの移動にも耐えられる丈夫で実用的なピッツァ窯をセレクトしました。ALLセラミック製なので、振動に強く、さらに蓄熱性能も高く、窯内を500度まで温められます。外はサクサク、中はモチモチのピッツァ生地をお召し上がりください。

ドリンク

富士宮産 Mt.Fuji Brewing(マウントフジブリューイング)※お持ち帰り用での販売はしていません

800円(税込)

2019年3月にグランドオープンした富士宮市宮町にあるクラフトビール醸造所。

そのボトルビールです。

非加熱、フィルターにも通していない生そのままのビールです。

主にキャンプ場や観光施設などで、ピッツァとセットでその場でお飲みになる方への提供となります。

お持ち帰り用での販売はしていません。

富士宮産 Natural farm ATABO にんじんジュース(大1,000円、小300円)

1,000円(税込)

富士宮産の甘ーい冬人参を国産のりんご、レモン合わせ飲みやすい人参ジュースです。

富士宮産 FUJIYAMA HUNTER’S BEER(フジヤマハンターズビール)※お持ち帰り用での販売はしていません

800円(税込)

FUJIYAMA HUNTER`S BEER 

ボトルビールをカップに注いで提供いたします。

ビアタイプは随時変わりますので、店頭にてご確認ください。

サイズは330mlとなります。

主にキャンプ場や観光施設などで、ピッツァとセットでその場でお飲みになる方への提供となります。

お持ち帰り用での販売はしていません。

ふるさと納税お食事券

富士宮市ふるさと納税返礼お食事券

5,000円(税込)~

【富士宮市のふるさと納税の返礼品にあおぞらピッツァが追加されました!】

去年末、移住担当部署に立ち寄った際、同部署で担当されているいふるさと納税返礼品にあおぞらピッツァのお食事券での返礼品参加はできないのでしょうか?と相談したところ、できますよ!との答えをいただき取り扱いに向けて進めていました。

先週3月18日(木)より掲載が始まりました!

 

そしてあおぞらピッツァを応援いただいている皆さんにお願いが〜(シェアOK!)

ふるさと納税どうせするなら「富士宮市&あおぞらピッツァ」はいかがでしょうか。

ぜひ返礼品のお食事券を持って富士宮とあおぞらピッツァにお越しください。その他ゴルフ場共通券、パラグライダー体験チケットなどもあるので合わせふるさと納税もどうですか?

年末にもまた告知しますが、忘れないうちに今申し込みしちゃいましょう。市役所の方にも色々掲載作業してもらったので、申し込み実績を早速出したいですので!!

今のところ以下のサイトより申し込みいただけます。

2021.4.21追記

5,000円の2回寄付で2枚のお食事券をゲットされるかたが多いみたいです。

ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/22207/5054285 (寄付金額5000円)
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/22207/5054286 (寄付金額15,000円)

楽天ふるさと納税
https://item.rakuten.co.jp/f222071-fujinomiya/0005-55-01/ (寄付金額5000円)
https://item.rakuten.co.jp/f222071-fujinomiya/0015-55-01/ (寄付金額15,000円)

ふるなび
https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=312158 (寄付金額5000円)
https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=312159 (寄付金額15,000円)

さとふる
https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=3058120 (寄付金額5000円)
https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=3058121 (寄付金額15,000円)

お礼品の内容・特徴

静岡県富士宮市で出店している移動販売のお店「朝霧高原あおぞらピッツァ」でご利用いただける、お食事券です。

<施設名>
Aozora Pizza | 朝霧高原あおぞらピッツァ 朝霧高原あおぞらピッツァは全国的にも珍しい、トレーラータイプの移動販売車で富士宮市内で週末に出店しています。 車内には石窯を搭載し、薪を使って焼いています。ナポリピッツァ専用小麦粉、天然酵母を使い、長時間低温発酵させた生地はとても味わい深いです。 定番ピッツァはもちろん、富士宮の食材を積極的に取り入れた本格的なピッツァをテイクアウトで提供しています。

<お食事券ご使用にあたりお願い>
・ピッツァメニューの中からお好きなピッツァを1枚(寄付金5,000円)または3枚(寄付金15,000円)お選びいただけます。
※有効期限:発送月の1年後翌月末まで ・差額の釣り銭はでません。
・移動販売のため出店日時、場所を必ずスケジュールでご確認の上、ご来店ください。
・時間により、完売又はメニューの一部が売り切れとなることがありますので、来店前にご予約いただくことをオススメいたします。
・都合により終売となるメニューがございます。

<アクセス>
静岡県富士宮市、朝霧高原を拠点に富士宮市内で営業しています。
移動販売のため、出店場所はWeb、Facebook、Instagramでお知らせしています。

1